X

Our website uses cookies to enhance your browsing experience.

CONTINUE TO SITE >
プレスリリース | クラウドストライク メディア掲載情報

CrowdStrike、Google Cloud向けにFALCONセンサーの自動実装機能を発表

~ Google Cloud連携の強化により、顧客にエンドポイントセキュリティの大規模な自動化を提供、

ハイブリッド環境全体のコンプライアンス徹底をサポート ~

カリフォルニア州サニーベール発 — 2020年2月20日 — クラウドベースのエンドポイント保護の業界リーダーであるCrowdStrike® Inc.(Nasdaq: CRWD)の日本法人であるクラウドストライク 株式会社(本社:東京都中央区、カントリー・マネージャー:河合 哲也、以下クラウドストライク)は、本日、Google Cloudプラットフォーム向けCrowdStrike Falcon®センサーの自動実装機能を提供することを発表しました。この機能は、ソフトウェアインストールを自動化し、リソース管理の簡略化を実現するGoogle Cloud Operating System(OS)Configurationで提供されます。

センサーの自動実装機能により、両社共通のお客様は軽量なCrowdStrike FalconセンサーをGoogle Cloud上の新しいCompute Engineリソースに簡単にインストールすることができます。この新機能により、一元化されたレポジトリを使用してFalconセンサーパッケージを保存し、ソフトウェア配布、インストール、および管理プロセスを簡略化そして拡張することで、強力なセキュリティへの態勢を維持することが可能になります。また必要に応じて、Falconセンサーを複数のGoogle Cloudアカウントのワークロードにインストールすることが可能となり、企業や組織は運用状況を把握しやすく、またセキュリティやコンプライアンス要件に対して迅速に対応することができます。センサー自動実装機能の対応OSは、RedHat、Ubuntu、Windowsです。

 

この機能により以下のような効果が期待できます:

  • 実装時間の短縮:すべてのセンサーパッケージを一元化されたレポジトリで管理することにより、Google Cloud環境でホスティングされているワークロードにエンドポイント保護を提供する際にインストールするソフトウェアのバージョンをすばやく選択することができます。
  • 使いやすく効率性が向上:新たなワークロードが発生するたび、すべてのCrowdStrike Falconセンサーの展開を単一ユーザーインターフェースから管理することができます。運用タスクを自動化して、ワークロードの展開を効率的かつセキュアに行うことができます。
  • 管理と可視性の確保:ワークロード上のFalconセンサーのインストールや検索を、許可されたユーザーが行うことで、組織による環境の制御を可能にします。ユーザーは自社のインフラストラクチャーに展開されているワークロードやセンサーの現在の運用状態を完全に可視化することができます。

 

CrowdStrikeの最高製品責任者(CPO)であるアモル・クルカルニ(Amol Kulkarni)は、次のように述べています。「CrowdStrikeはGoogle Cloudとのパートナーシップを大変うれしく思っております。これにより、Falconセンサーを大規模かつシームレスに導入し、クラウドワークロードを保護できるようになります。企業は今後、ワークロードを迅速かつ容易に保護し、管理や防護がされていないホストを把握することができます。CrowdStrike Falconはクラウド専用に構築されており、あらゆるパブリックまたはプライベートクラウド上のワークロードをネイティブで保護します」

Google Cloudのプロダクトマネジメントディレクターであるジェス・リロイ(Jess Leroy)氏は、次のように述べています。「現在、企業にとってセキュリティは最優先事項です。企業や組織は、CrowdStrikeの自動化されたエンドポイントセキュリティソリューションを活用して、Google Cloudやハイブリッド環境で稼働しているワークロードやアプリケーションにおけるデータ保護をさらに強化することができます」

CrowdStrike Falconは、クラウドネイティブ、シングルエージェントプラットフォームによってエンドポイントセキュリティを革新し、新しい基準を確立しました。Falconプラットフォームは、エンドポイントセキュリティ、セキュリティ運用、脅威インテリジェンスといった複数の機能を搭載する11のクラウドモジュールを統合し、昨今の高度な攻撃を阻止するために不可欠な包括的な侵害保護を提供します。CrowdStrikeの独自のアプローチは、大規模なプラットフォームのスムーズな実装を可能にするインテリジェントな軽量エージェントから始まります。CrowdStrikeのクラウドネイティブなテクノロジーは、防御と検知の統合機能、高度な脅威ハンティング、セキュリティハイジーン(衛生状態)を提供します。顧客はクラウドの力を活用して、マルウェア攻撃、マルウェアを使用しない攻撃にかかわらず攻撃を迅速に阻止することができます。

※この資料は米国時間2020年2月20日に発表したプレスリリースの抄訳です。

 

CrowdStrikeについて

CrowdStrike® Inc.(Nasdaq:CRWD)は、サイバーセキュリティのグローバルリーダーであり、セキュリティ侵害を阻止するためにゼロから構築したエンドポイント保護プラットフォームにより、クラウド時代のセキュリティを再定義しています。CrowdStrike Falcon®プラットフォームは、軽量なシングルエージェントによるアーキテクチャで、クラウドスケールの人工知能(AI)を活用し、リアルタイムで企業全体の保護・可視化を提供するとともに、ネットワーク内外でエンドポイントに対する攻撃を防止します。独自のCrowdStrike Threat Graph®を採用したCrowdStrike Falconは、世界で最も高度なセキュリティデータプラットフォームのひとつとして、世界中から取得した週3兆件超のエンドポイント関連イベントをリアルタイムで相関分析しています。

CrowdStrikeが提供するクラウドネイティブのFalconプラットフォームは、お客様の環境の保護機能とパフォーマンスを高め、短期間で価値を提供します。

CrowdStrikeについて覚えておいていただきたいことはただ1つですー「We Stop Breaches」

Falcon Prevent™の無料トライアルはこちら: https://www.crowdstrike.jp/try-falcon-prevent/

詳細はこちら: https://www.crowdstrike.jp/

ソーシャルメディア:

Blog: https://www.crowdstrike.com/blog/

Twitter: https://twitter.com/crowdstrike

© 2020 CrowdStrike, Inc. All rights reserved. CrowdStrike、Falconのロゴ、CrowdStrike Falcon、CrowdStrike Threat Graphは、CrowdStrike, Inc.が所有するマークであり、米国および各国の特許商標局に登録されています。CrowdStrikeは、その他の商標とサービスマークを所有し、第三者の製品やサービスを識別する目的で各社のブランド名を使用する場合があります。