CrowdStrike Servicesサイバーセキュリティ最前線レポートには、

2020年におけるインシデント対応および プロアクティブ・サービスの考察と2021年に向けた知見

世界的なパンデミックが私たちの働き方や環境を大きく変えた1年でした。私たちのサイバーセキュリティ活動はより洗練された標的型攻撃の継続的な増加に対応すべく、こ れまで以上に複雑で、さらに高度な技術を必要とするより重要なものとなりました。

CrowdStrike Servicesサイバーセキュリティ最前線レポートには、日常的な侵入からの防御と 復旧を支援するミッションを担い、絶え間なく活動を続ける世界各地の熱心なCrowdStrikeの チームメンバー達による考察と知見が集約されています。

このレポートは、攻撃者らが今日の現実にどのように適応しているかを明確に示すだけでなく、サイバーセキュリティ体制の強化のた めに組織が実装できる具体的な推奨事項も紹介しています。

2021年以降のセキュリティ戦略に役立つ貴重な情報とガイダンスを、レポートをダウンロードしてご覧ください。

CrowdStrike Servicesの専門家による分析と実用的なアドバイスは、今後に備えるための状況認識とセキュリティ対策のお役に立つ、組織が最新のサイバー被害に遭わないための重要な情報となるでしょう。

今年のレポートから得た5つの重要なポイントは次のとおりです。

  • 金銭的な動機に基づく攻撃の件数と速度が驚異的な増加を見せている
  • 侵入は一度限りのイベントと考えてはいけない
  • 継続的なインシデント対応への移行が状況を一変させる
  • リモートワークの普及により、サイバーセキュリティに幅広い影響が生じた
  • 防御側は、クラウドインフラストラクチャーに対する特別な注意が必要である
  • 主要なセキュリティ強化の推進に重点を置いている組織は、侵害を阻止できます

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら