X

Our website uses cookies to enhance your browsing experience.

CONTINUE TO SITE >

CrowdStrike Services サイバーセキュリティ侵害調査 報告書2018

Japanese CrowdStrike Services White Paper 2018

CrowdStrike Services サイバーセキュリティ侵害調査報告書2018

2018年に実施したインシデントレスポンスの最前線からのストーリーと、2019年に向けた提言

攻撃者グループは自身の目的達成のために絶え間なく様々な手段を採用しています。 CrowdStrikeが毎年リリースしているサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018は、絶えず進化する攻撃者の戦術、技術、手順(TTP)への洞察を提供します。

この中では、CrowdStrike Servicesチームが、被害者のネットワークから危険な脅威を迅速に調査し、識別し、効果的に削除したケーススタディを複数紹介すると共に、対策としての推奨事項もご紹介します。

報告書の内容:

  • 攻撃者の行動に見られる新たな傾向(攻撃者が侵入し、ターゲット環境で足場を維持するために使用する戦術的脅威)をご紹介します
  • この分野におけるCrowdStrike Servicesチームの豊富な経験に基づくストーリーを紹介します。これは経営者層とセキュリティ専門家の両者が同じ認識を持つために役立ちます。
  • 攻撃に対して防御、検知、および対処する能力を向上させるために、組織が積極的に実装できる推奨事項をお届けします。

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら