X

Our website uses cookies to enhance your browsing experience.

CONTINUE TO SITE >

2019 ガートナー EPP分野のマジック・クアドラント

Gartner MQ

CrowdStrikeはEPP分野のマジック・クアドラントで「リーダー」の位置づけを獲得

CrowdStrikeは、ガートナーに認められてから3年目にして、2019「エンドポイント保護プラットフォーム」の マジック・クアドラントで「リーダー」として認知されたことを誇りに思います。「リーダー」に位置付けられた事に加えて、イノベーション、マーケティングおよび製品戦略、業種および地理的戦略、ビジネスモデル全体の妥当性などのガートナー基準が含まれる「ビジョンの完全性」において最も上位に位置付けられました。

このレポートで、CrowdStrikeのリーダーとしてのポジショニングの背後にある分析と、それが組織とそのサイバーセキュリティへの取り組みにどのような影響を与えると我々が考えているかをご覧ください。(英語レポートのみ)

CrowdStrike Falcon® エンドポイント保護プラットフォームは『侵害を止める』ために構築されました :

  • ‘CrowdStrikeは、既知および未知の脅威からリアルタイムに防御するため、シグネチャを利用せず、人工知能/機械学習およびIOA(攻撃の痕跡)を活用した高度な防御を使用し、クラウド時代のセキュリティを改革し、すべてのサイバー攻撃タイプから顧客を保護するために設立されました。
  • Falconプラットフォームは、2つの独自技術が緊密に連携し構成されています〜展開が容易でインテリジェントな軽量エージェントと、Threat Graphと呼ばれるクラウドベースの動的グラフデータベースです。
  • CrowdStrikeはクラウド環境、仮想環境、オンプレミスに渡りワークロードを保護する能力を備えた初のマルチテナント、クラウドネイティブなセキュリティソリューションを提供します。
  • クラウド基盤とシングルエージェントによるアーキテクチャーは複雑性を排除し、拡張性、管理のしやすさ、そしてスピードをもたらします。
  • CrowdStrike Threat Graph®により、Falconは世界各地からの1週間あたり2兆件以上のセキュリティイベントを即座に相関分析し、脅威を検知、防御します。

関連リソース:

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、テクノロジーの利用者に対して、最高の評価を得たベンダーのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

ガートナー『Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms』(Peter Firstbrook, Dionisio Zumerle, Prateek Bhajanka, Lawrence Pingree, Paul Webber)2019年8月20日

GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら