2021年 Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms (EPP)

CrowdStrike、Magic Quadrant for EPP でリーダーに選出

CrowdStrikeは2021年のMagic Quadrant (MQ) for Endpoint Protection Platforms (EPP) (エンドポイント保護プラットフォームのマジッククアドラント) でリーダーに選出され、ビジョンの完全性において最高位を獲得しました。CrowdStrikeはリーダーシップの地位を維持するだけでなく、EPP Magic Quadrantでビジョンの完全性の最高評価を獲得した唯一の企業です。

この無料のレポートをダウンロードして、CrowdStrikeがリーダーの位置付けを獲得するに至った理由と、お客様の組織やサイバーセキュリティ体制に対してこれがどの様な意味を持つのかについて、CrowdStrikeの見解をご覧ください。

CrowdStrike Falcon® エンドポイント保護プラットフォームは、セキュリティ侵害を阻止するためにゼロから構築されています:

  • Falcon プラットフォームの軽量なシングルエージェントによるアーキテクチャで、クラウドスケールの人工知能 (AI) を活用し、リアルタイムで組織全体の保護と可視化を提供するとともに、ネットワーク内外でエンドポイントに対する攻撃を防止します。
  • 独自の CrowdStrike Threat Graph®データベースを採用した Falcon プラットフォームは、世界で最も高度なセキュリティデータプラットフォームのひとつとして、世界中から取得した週5兆件のエンドポイント関連イベントをリアルタイムで相関分析しています。
  • CrowdStrike が提供するクラウドネイティブの Falcon プラットフォームは、お客様の環境の保護機能とパフォーマンスを高め、短期間で価値を提供します。

 

Gartner 『Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms』 Paul Webber、Peter Firstbrook、Rob Smith、Prateek Bhajanka – 2021年4月30日

ガートナーは、その調査発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーの調査組織の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら