X

Our website uses cookies to enhance your browsing experience.

CONTINUE TO SITE >

2020年 CrowdStrike グローバル脅威レポート

過去1年間のサイバー脅威トレンドの詳細な分析 (英語)

2020年グローバル脅威レポートは、今日において最も重要視すべきサイバー脅威と攻撃者グループに関する情報を掲載した、業界で最も期待されているレポートの1つです。 このレポートはCrowdStrike®のインテリジェンスチーム、Falcon OverWatch™マネージド脅威ハンティングチームおよびCrowdStrike Servicesインシデント対応チームが2019年に実施したグローバル調査、詳細な分析、そして包括的な概要を提供します。 現実世界で起きている攻撃のシナリオ、攻撃者の絶え間なく進化するTTP(戦術、テクニック、および手順)の傾向をカバーし、今後組織を保護するための実用的な推奨事項も含めて提供しています。

レポートハイライト:

  • Big game hunting (BGH) がエスカレートし、身代金要求が数百万ドルに急増、比類のない混乱を引き起こしました。
  • サイバー犯罪者たちは機密データを盾に、ランサムウェアの被害者への圧力を高めています。
  • eCrime(サイバー犯罪、特に金銭取得を目的とする)エコシステムが進化し続け、成熟し、更に専門性を高めています。
  • BGH以外では、世界中の金融機関を対象としたeCrimeキャンペーンの増加が見られました。
  • マルウェアを使用しない戦術が加速し、マルウェア攻撃を上回りました。
  • 国家主導の標的型侵入はインテリジェンスを収集するために継続され、洗練されたeCrime攻撃者グループとのコラボレーションが行われている可能性も観察されました。

*レポートは英語です。

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら