MDRバイヤーズガイド

MDRが重要なセキュリティニーズを満たしている理由、組織に適したMDRを選択するためのガイダンスを紹介します。

今日の複雑なサイバー脅威の状況下では、包括的なエンドポイントセキュリティの実装が求められますが、多くの組織では基本的なエンドポイントセキュリティプログラムを正常に実装できていない現状が見受けられます。重大なインシデントが発生し、組織が状況を適切に修復するための時間や専門知識が不足している場合、状況は悪化する可能性があり、組織のネットワークと資産のセキュリティを危険にさらす可能性があります。

マネージドディテクション·アンド·レスポンス(MDR)は、この市場のニーズへの答えとして注目されています。 MDRは、脅威の検知、対応、管理、および継続的な監視機能をすべてサービスとして提供し、組織を支援します。Gartnerは、2024年までに、組織の25%がMDRサービスを使用するようになると予測しており、これは現在の5%から増加しています*。ここ数ヶ月、MDRの名の下に多種多様な新製品が市場に登場していますが、これらのオプションを選別するのは難しい場合があります。

CrowdStrike MDRバイヤーズガイドは、MDRサービスのさまざまなカテゴリを順を追って説明し、組織に最適なものを自信を持って判断するのに役立つように作成されています。

MDRバイヤーズガイドでご紹介する内容:

  • 組織がMDRサービスに移行している理由
  • MDRのコア要素とは何か、マネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)との違いは何か
  • MDRの有効性を測定するために使用できる主要な指標
  • 利用可能なMDRサービスの主なカテゴリ
  • あなたの組織に適したMDRサービスはどれか

* Gartner Research、マネージドディテクション·アンド·レスポンスサービスのマーケットガイド、2019715

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら