X

Our website uses cookies to enhance your browsing experience.

CONTINUE TO SITE >

ランサムウェアの進化

cover of japanese ransomware evolution white paper

新たな攻撃トレンドとメソッドから組織を保護する方法

ランサムウェアが大きな脅威となっていることは疑う余地がありません。2019年には、メリーランド州ボルチモアやユタ州パークシティなど、米国の複数の都市を機能不全にした有名な攻撃が話題になりました。

商業ビジネスに対する最大の攻撃である可能性のあるものは、ZDNetによってヨーロッパの製造業者がランサムウェア攻撃を受けて約9,500万ドルを支払うことを余儀なくされたものが報告されています。 また、別の事件では、BBCは40か国の22,000台のコンピューターへのアクセスを失った大規模な再生可能エネルギー会社が、ランサムウェアの感染が解決されるまで、ペンと紙を使用する労働力を削減したと報告しました。

ただし、これらの攻撃は絶えずその機能を革新し続けている大きなサイバー犯罪産業の公に現れている側面のみを表しています。実際、ランサムウェアはサイバーセキュリティにおいて最も急速に成長している脅威の1つであり、2015年の「わずか」3億4,500万ドル*から、2021年までに世界で200億ドルを超える被害が予測されています。

このホワイトペーパーでは、オンラインでの恐喝脅威の新しいトレンドを分析し、ランサムウェアの進化について説明します。またそのような攻撃から組織を保護する方法について規範的なアドバイスを提供します.

ホワイトペーパーの内容:

  • ランサムウェアが場当たり的な戦略から、より大きな経済的利益を狙った集中攻撃にどのように進化しているか
  • 今日のサイバー犯罪者が使用する戦術、手法、手順、それらがどのように高度化されているか
  • ランサムウェア攻撃がフィッシングメールやウェブサイトポップアップを併用している現状
  • ランサムウェアを止めるためにできること

TECH CENTER

  • OS icon
  • deployment icon
  • installation icon

インストール、ポリシー構成など技術的な情報はCrowdStrike Tech Centerをご覧ください

TECH CENTERはこちら